美GENEという化粧水の【しみ】への効果

遺伝子を調べることによって肌質を知るサービスがついている美GENE。
購入した美GENE

 

自分の肌タイプを知りたいがために、実際に購入してみました。

 

 

 

 

果たして美GENE化粧水は、
しみには効くのでしょうか?

 

 

しみに効果があるようにするには、メラニン色素になんなかの作用がされるようにする効果がないといけません。

 

 

結論から言います。

 

 

美GENE化粧水は、
しみには使ってみないとわからない

 

 

なぜならば、人によって成分との相性があり、効果の出方が違うからです。

 

 

不安な場合は、厚生労働省が認めている医薬品部外品指定されている成分が含まれている化粧水を使用するとよいでしょう。

厚生労働省が定めている美白成分


厚生労働省が定めている美白成分には次のようなものがあります。

 

代表的な成分には次のようなものがあります。
・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・コウジ酸
・エラグ酸
・ルシノール
・リノール酸
・カモミラET
・トラネキサム酸
・4−MSK
・マグノリグナン
・プラセンタエキス
などが認められてします。

 

もっと知りたい方は
www.jcia.org/n/all_pdf/name/qdlnl.pdf
上記の資料が一番詳しいです。驚くほどの成分があるのがわかります。

 

 

医薬品部外品の化粧水はどれがあるの?


医薬品部外品の化粧水なら
富士フィルムのアスタリフトがよいでしょう。
アスタリフトホワイトローション

 

美白成分がシミそばかすを防ぐ本格美白化粧水。

 

安価に試せるトライアルセットがおすすめです。
トライアルセットはこちらから>>シミの元に届く

 

 

必ずしも医薬品部外品の方が効くというわけではない

 

美GENE化粧水には、
医薬品部外品に指定されている美白成分は含まれていません。

美GENE成分表

 

しかしながら、肌に合わないということはないはずです。

 

なぜならば、美GENEは、肌質を細胞レベルで調べて最適化された化粧水を送付しているから。

 

 

今 現在 遺伝子レベルを調べて自分にあった化粧水を手に入れるサービスは美GENE以外ないと思います。

 

シミのタイプを知る


シミのタイプには、多く区分けて6つあります。
1.老人性色素斑
2.脂漏性角化症
3.雀卵斑
4.炎症性色素沈着
5.肝斑
5.花弁状色素斑

 

老人性色素斑
しみ関係ではもっともポピュラーなシミ。頬の隆起しているところにできやすく、初期だと美白化粧品の効果が認められる。

 

脂漏性角化症
シミからイボ状になったもの。もはやレーザー治療しかない。

 

雀卵斑
通称:そばかす。外国人に多く遺伝的なものが多い。こちらもレーザー治療が近道。

 

炎症性色素沈着
無駄毛を毛抜きなどで抜いていると炎症になり、シミ状になったもの。またニキビ跡もこの手のシミ。美ジーン化粧水が一番効きやすいのではないでしょうか?

 

肝斑
女性ホルモンの影響で頬骨あたりにできる。更年期の女性に多い。

 

 

花弁状色素斑
海水浴などの日焼け。背中にできやすく、花びらの形をしている。

 

 

今話題の美GENEという化粧水について

今、女性の間で人気を集めているのが美GENE化粧水です。ニキビ跡に効果的であり、自宅で簡単にケアができるのもメリットです。

 

現在、様々なスキンケアアイテムが販売されていますが、そのなかでも美ジーン化粧水は効果の高さから口コミでも高い評価を得ています。

 

今、多くの方やしみやニキビ跡に悩まされています。 しかし、正しいケア方法を知らないことで、悪化させてしまうなどのトラブルに見舞われてしまう方も少なくありません。

 

間違ったケアを行なってしまうと色素沈着や肌の痒み、赤みなどのトラブルに見舞われてしまうこともあるので注意しましょう。

 

美ジーン化粧水は、しみやニキビ跡に悩む方にうってつけのスキンケアアイテムです。 遺伝子検査から作るオーダーメイド化粧水となっており、短期間で肌の変化を実感することができます。 1日たった1回のケアを行なうだけで気になる肌の悩みを解消することもできるでしょう。

 

人の肌は、一人一人違いますので、自分に合ったスキンケアアイテムを見つけることはとても困難です。

 

しかし、美ジーン化粧水は、自分の肌質に合わせたオーダーメイド化粧水となっているので、肌トラブルに見舞われることなく高い効果を発揮します。

 

自宅に届く遺伝子検査キットを提出するだけで自分専用のスキンケアアイテムを使用することが可能なので、様々な肌トラブルに悩んでいる方は試してみてはいかがでしょうか。 濃いしみの改善にも対応できるのでおすすめです。

 

 

まとめ


美GENE化粧水は、医薬部外品ではなく美白化粧品ではありません。しかし、多くの基礎化粧水が医薬部外品ではない事実を認識する必要があります。

 

 

つまり、医薬部外品でなくても効果がある化粧水は多いということです。

 

 

美GENE化粧水が他と化粧水と一線を画しているのは、オーダーメイドであるということ。その理由は、遺伝子検査をしているということです。

 

 

民間レベルで遺伝子検査をして自分にあった化粧水を配送しているサービスは皆無であり、美GENE化粧水を使う意義は深いといえます。

 

シミに関しても、正常なターンオーバーが行われば徐々に薄くなるはずであり、そうならないのであれば化粧品や生活習慣を見直す必要があるでしょう。

 

 

美GENE化粧水は、チャンスがあれば、500円でスタートすることができます。毎月100名ほどということなので、トライしてみるとよいでしょう。

 

 

肌タイプのレポートを見る瞬間は、結構ドキドキします。

 

 

>>美GENE化粧水の500円モニターコースはこちらから